CHECK

韓国食品を作るために使われている調味料の種類

韓国食品を作るために使われている調味料の種類

韓国食品には、味付けのためにさまざまな種類の調味料が使われています。砂糖や塩などの一般的なものの他に、韓国で作られている独自のものが使われることがあります。多くの韓国料理に使われている代表的なものはコチュジャンです。コチュとは唐辛子のことで、ジャンには味付けをするものという意味があります。その名前の通り、この韓国食品には多くの唐辛子が使用されています。使われているのは、粉の状態にした唐辛子です。唐辛子の粉にお米の麹を混ぜ合わせて発酵させることにより、作ることができます。お米の麹を使用することによって、味に甘みをプラスすることができます。この調味料は日本でも人気があるので、日本でも製造されています。日本で作られているものには、砂糖が加えられていることが多いです。砂糖を加えることにより、甘味が強くなるので、日本人にも食べやすくなります。さまざまな料理で使うことができ、鍋物の味付けをするために使われることもあります。

テンジャンという味噌も販売されている韓国食品

韓国食品の中には、日本の食品と似たような種類のものもあります。韓国でも味噌は食べられているので、こうした韓国食品も多く製造されています。韓国で作られている味噌は、日本のものとは若干中身が異なります。味わいも異なるので、それぞれの国のものを使い分けて料理を作ることもできます。韓国のものを使えばおいしい料理を作れるのは韓国料理です。韓国で作られているものの中でも特に生産量が多いのはテンジャンです。大豆を発酵させて作ることは、テンジャンも日本のものも共通しています。材料の大豆を茹でて柔らかくしたものをすりつぶして、作られています。これを固めたものを温かい場所にしばらく置いておけば、テンジャンを作ることができます。日本のものとテンジャンの大きな違いは、完成品に含まれている大豆の状態です。日本で作られているものは大豆がしっかりと潰された状態になっていますが、テンジャンには大豆の形が残っているものも含まれています。

韓国食品を通販で購入するならココに関する情報サイト
韓国食品について紹介します

このサイトでは、韓国食品に詳しくなりたい方向けに基本情報を紹介しています。独特の風味で癖になってしまい、はまる人が日本でも多い韓国の食品ですがレストランや食堂は日本国内にも多数あります。このサイトでは、そんな韓国の人気の食品を作るために必要な食材や独特の風味を引き出す調味料についても触れていきます。韓国料理で多く使われる食材などについても紹介しますので、これから自宅で作ってみたいと考えている方にも役立ちます。

Search